【期間限定!!】隠された人気の秘密を解明できちゃう♡マリーアントワネット展に行こう!

【期間限定!!】隠された人気の秘密を解明できちゃう♡マリーアントワネット展に行こう!

現在開催中のマリーアントワネット展♪ マリーアントワネットの魅力は、ファッションリーダーとも言われた華やかな雰囲気だけではありません! 人気の理由を探ってみました!

ゆうみぃ
ゆうみぃ

2017年2月26日まで六本木ではマリーアントワネット展が開催されています。

 

 

私もマリーアントワネット展へ行きとても感動しました♪

 

 

 

マリーアントワネットの華やかな世界観って本当にかわいいですよね♪

 

 

ところで、みなさんはマリーアントワネットについてどんな印象を持っていますか??

税金を自分の趣味に使う悪女? 庶民の敵? 浪費家

でも、本当にその噂通りの人なのでしょうか??

 

マリーアントワネットの一生

 

まずはマリーアントワネットについて軽く紹介します。

 

works_detail05a_img

出典:ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワット展

 

幼少時代 

1755年マリアテレジアの11番目の女の子として産まれました。末っ子ということもありのびのび自由に暮らします。しかし、14歳のときにはフランス国王の孫と政略結婚させられてしまいます。

 

ベルサイユでの暮らし 

ベルサイユ宮殿で暮らすようになったマリーアントワネットは、多少の人間関係のトラブルはありましたが、1778年には女の子が産まれ夫婦仲もよかったようです。

その後、待望の男の子を産み、最終的に女の子2人 男の子2人 の母親になりました。

 

works_detail13a_img

出典 ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワット展

 

しかし、税金の無駄遣いをしている浪費家してと庶民や貴族の不満を爆発させフランス革命が起こります。

 

 

(フランス革命までに色々な事が起こりますがここでは長くなるため触れません 調べてみると案外面白いので興味があればぜひ調べてみてください♪)

 

マリーアントワネットの最期

フランス革命により処刑されてしまうマリーアントワネットですが、彼女は怒り狂っている国民を全く責めたり恨んだりすることなく、死刑に対して毅然とした態度で誇り高く向かいました。

 

魅力その1 時代の先駆者 話題のファッションリーダー

マリーアントワネットは後宮でファッションリーダーだったといわれています。

 

works_detail05d_img (1)

出典 ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワット展 

 

この画像からも分かるとおり、かなりの派手好きです❤

髪の毛もモリモリですっごいですね❣

また可愛いっものも大好きで特に花柄がお気に入りだったそうです。

今の時代でもかわいい!と思うようなものがドレスや家具もマリーアントワネットが人気の1つだとおもいます!

 

魅力その2 実はいい人🌟   悲劇のヒロイン👸🏼

 

フランス王政を傾ける程の浪費家 と言われていますが本当でしょうか?

 

実際に調べてみるとちょっと違う面も見えてきました

たしかにマリーアントワネットは豪遊していましたが、それはマリーアントワネットだけでなく今までのフランス王朝では普通のことでした。

 

だから、マリーアントワネットがフランスへ嫁いできた時にはもう財政はかなり厳しかったのです。

 

ということは、マリーアントワネットを一概に浪費家と呼べない気がします(((・・;)

 

知らない土地に知らない人だらけの生活、フランス語も勉強途中の段階、さらにそれを16才でやるというのは寂しいし不安だし、少しのことは仕方なかったのではないでしょうか。

 

それに、マリーアントワネットが言ったとして有名な『パンがなければお菓子を食べればいいというのも言った人はマリーアントワネットではないという研究結果が出ています。

それどころかマリーアントワネットは、兵士にパンを配るなどしていたそうです。

財政が厳しいときには子供のおもちゃを我慢するなど王妃自らも節約していたそうです。

 

それにも関わらず、マリーアントワネットは国民に嫌われ憎まれ、最期には処刑されてしまいました。

works_detail12d_img

出典:ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワット展

 

すごく理不尽ですよね。。。

世界史の教科書ではたった数行で済まされてしまう出来事ですが、詳しく調べてみると全く違う面も見えてきて教科書が一概に正しいとは言えない気がしました。

 

 

マリーアントワネット展から分かること

 

そこで、六本木で開催されているマリーアントワネット展へ行ってきました

 

そこには、マリーアントワネットが処刑される前日に書かれたとされる妹への手紙が展示されていました。

 

その内容は

 

死刑は犯罪者にとってのみ恥ずべきものだが、私にとっては恥ずべきものではない。

 

この判決(死刑)を下した国民を恨んだりしない

 

というものです。

 

つまり、マリーアントワネットは、王妃としての品格を最後まで失わずに毅然とした態度でいたことが人気の理由だと思いました。

 

現在開催中❣ マリーアントワネット展

 

そして今、マリーアントワネット展が六本木で開催されています!

 

その規模はとっても大きくて、フランス以外の国の中では1番大きい規模 そして、ベルサイユ宮殿が監修しているんです!

 

ここでは、先ほどの手紙の他にも、マリーアントワネットのお部屋が原寸大で展示してあったり、マリーアントワネットに関わるものをたくさん見ることができます。

 

ヴェルサイユ宮殿≪監修≫ マリー・アントワット展
美術品が語るフランス王妃の真実

・会期:2016年10月25日(火)-2017年2月26日(日)                             

・開館時間:午前 10時-午後8時(但し、火曜日および10月27日(木)は午後5時まで) 
     ※入館は閉館の30分前まで 会場

・場所:森アーツセンターギャラリー(東京・六本木ヒルズ 森タワー52階)

 

 

これを読んで興味を持ってくれた人はぜひ行ってみてください!!

マリーアントワネットをあまり知らない人でも、可愛らしいその雰囲気に圧倒されるかもしれません❤

 

公式サイト

 

ゆうみぃ
Writer ゆうみぃ
高校3年生 東京都

趣味はカフェ巡り?でも、あと5kgぐらい痩せたいな~と何年も思っているゆうみぃです。 ダイエットやグルメなことを紹介していきます(’-’*)♪

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')