【女子高生必見!】こんな女子は嫌だ! 空気の読めない女は嫌われる!!

【女子高生必見!】こんな女子は嫌だ! 空気の読めない女は嫌われる!!

女子に嫌われたら学校で生きていけない! クラスで上手く生きていく為に空気を読んで愛され女子になろう!

momoka
momoka

【空気を読むのは難しい】

私はよく「空気を読め!」と言われていました。

…とは言われても、空気を読むことが上手く出来ず、乱してばかりです(笑)

 

 

「自分のことしか考えてない」…とても辛辣ですね(笑)

教室で平和に生活するためには、やはり上手く空気を読まなければいけませんよね。

 

面倒な女子の人間関係の中で「空気を読めない」だけで嫌な人間だとレッテルを貼られたら悲しいはず。

自分大好きな自己中人間だと思われたら終わりです!!

 

では、「空気を読む」「空気を読めない」とは一体どういうことなのでしょうか?

 

【空気を読めないって?】

 

 

「空気が読めない」と一口に言っても、日常生活の中で色々なパターンがあります。

 

では!その具体的な状況を考えてみましょう。

 

「空気が読めない」恋愛編 Part1

例えば恋愛編です。

 

1つの車両に2人だけが乗っていました。

お決まりですが!それはカップルで、2人はお互いのことしか見えていないような甘い雰囲気が漂っています。

 

私に気づいた向こうが「は?誰だお前。空気読めよ!」みたいな目をしてこちらを睨んできました・・こ、こわい!

 

電車
出典:もっちりぷにぷに

 

はい、これは実際の話です。

 

カップルの空間を乱してしまったことはありませんか?

これは空気がかなり読めない行動に思われてしまうかも。

邪魔したくなる気も分かりますが…カップルのイチャイチャを目の当たりにして更に傷付いてしまうでしょう。

 

気に触ることかもしれませんが、カップルのラブラブな空間は邪魔せずに空気を読んで、一歩引いたところから眺めていたいものです(笑)

 

 

 

「空気が読めない」恋愛編 Part2

2つ目のパターンも恋愛編です。

 

いつも行動を共にする2人の女の子。もちろん、恋バナも共有し合っています。

 

女の子(A)は彼氏持ちでしたが振られて失恋。

そんな時もう一方の女の子(B)は、Aが最近まで付き合っていた元彼に告白され交際スタート・・・!

これは最悪なパターンですね。

(しかし実際に私の知り合いが当事者だったお話です。)

 

large (1)

出典:We Heart It

 

とにかく空気が読めていませんね!

こんな女子が友達にいたら嫌です!(笑)

 

友達がつい最近まで付き合っていた人と付き合うのは、単に空気が読めていないだけでなく、友情までもが崩れゴタゴタしてしまいます…。

 

空気を読むということには、「自然に当たり前の常識を考えて行動する」という意味が含まれているのではないでしょうか。

 

「空気が読めない」お説教編

3つ目はお説教の場面です。

 

JKライフを送っていれば避けては通れない「お説教」時の空気の読めない行動とは…?

 

主に『携帯弄り』と『下を向いて手いたずらや目配せ』などではないでしょうか。

 

集団で怒られてる時は多少携帯をいじってもバレないだろう!と思いがちですが、意外とバレているみたいです…。(先生談)

large (2)

出典:We Heart It

 

人が感情的になって怒っているのに、そこで携帯を弄っていたら怒りが爆発してしまいそう!

「どうでもいいなぁ…早く終わってくれ!」と思っていても、空気を読んで反省している風の表情を作るのが大人の対応ということです。

 

「空気が読めない」お節介編

続いて4つ目です。

 

大人数のグループで和気あいあいとお喋りを楽しんでいます。

そんな時、ふと1人がある女の子の顔を見て「あ、歯に海苔がついてるよ!」と一言告げます。

 

・・・案外あるあるなのではないでしょうか?

 

優しさで教えてあげたという点では気の利いた一言ですが、裏を返せば、他にも人がいるところで指摘したという点で、相手に恥ずかしい思いをさせてしまうかも…?

 

large (3)

出典:We Heart It

 

これは空気が読めているとは言えません。

 

この場合、空気を読んで行動するならば「ちょっと◯◯ちゃん。一緒にトイレへ来て!」などと呼び出し、そこでさりげなく教えてもらう方がプライドが傷付きませんよね!

 

たかが海苔1枚かもしれませんが、されど海苔1枚です。

 

たった1つの行動ですが「この子ちょっとやだな…」と思われてしまうか「この子気がきく!」なのか…大分印象が変わってくるでしょう。

 

【空気を読むということはノリ良くということ?】

 

空気を読むというのは、単に場の雰囲気を乱さずにいるということではなく、「雰囲気に合うノリ」でいることが大事なのではないかと思います。

 

その場の雰囲気をよく感じ取る能力が必要みたい…!

明るい雰囲気の中で一人だけ沈んでいたら、空気が読めているとは言えませんものね。

 

少人数で話していたり発表したりしている時、話している内容に自信がなかったりすると…相づちが欲しくなる時があります。

 

そんな時に「どう?」と目線を向けても、無視されたりスルーされてしまったらショックですよね。

0I9A5633ISUMI_TP_V

出典:写真素材ぱくたそ

 

ボケた時に相手が突っ込んでくれなかったり、真面目に真顔で返答されたらかなり痛い子になってしまいます!

これは悲しいですよね。

 

空気を読んで、ノリよく突っ込んであげたいところです。

 

 

【空気を読んで上手く生きよう!!】

女子社会で空気を読むのは勿論当たり前のことですが、+αで気を遣えるようになったら素敵ですよね。

 

たった1つの行動で「あの子空気読めなくてやだな…」と思われたら悲し過ぎる!

 

相手の立場や心中を考えた行動の取り方をしましょう。

場の雰囲気に合わせたノリと気遣いで人間力高めに生きられますように☆

momoka
Writer momoka
高校3年生 静岡県

女子高生観察と白滝が好きな高校3年生。 実体験を元にした記事や読み応えのある記事を書いていきます。(OvO)

Recommend

('ω'乂) Copyrighted Image (乂'ω')